人気ブログランキング |

カテゴリ:息子( 26 )

癒しの時間

夕方、保育園から家に帰る途中に夕焼けがきれいだと必ず息子が「ママ、お空がきれいだねぇ^^」と笑顔で私に話し掛ける。
きれいな夕焼けが広がっていると、必ずマンションの最上階の踊り場に息子と行き、しばし夕焼けを眺めるのが日課だ。
短い時間だけどなんとなくぼ~っと出来る癒しの時間だ。
なんとなく、大事な時間だよなぁと思う。
b0078006_11382893.jpg








翌朝は、息子の保育園の夏祭り!
いただいたお下がりの甚平を着て張り切っている^^
なぜか、花と一緒に撮りたがる息子。ここはばあちゃんの影響だろうか。。。
b0078006_11385657.jpg











お昼は、お祭り用弁当だったようで、ごはんも目にもおいしく1日楽しんできたようです^^
by eharugenki | 2007-07-18 13:02 | 息子

鉄道ファン

前からお話しているとおり、息子は鉄道好きである。いわゆる子鉄ちゃん!
こんなに好きになるというのがわかっていたら、名前を鉄郎とか鉄也とかにしてあげたかったなぁと思うほど。
最近家族で近所の本屋に行くと、息子のうろちょろするコーナーが変わっている。
前は児童書コーナーのトーマスやプラレールの本が置いてあるコーナーに入りびたりだったのが、今は夫がよく居るアウトドア系の本が並ぶコーナーと背中合わせの完璧に大人向けの鉄道系コーナーに息子一人でじっとなにかに取り付かれたように座っている。
見ているものは「鉄道ファン」という雑誌。
文字も多いが写真も多い。けっこう高規格な雑誌である。
1ページが厚い児童向けの鉄道の本よりもはるかに情報量は多い。
まぁ、3歳の息子には読めないが。でも、日本中の電車が載っているので、数的には飽きがくるのが遅い。
いつも今日はがまんね。と言って親の本ばかり買っているので、今回は買ってあげることにした。
「鉄道ファン」。。。息子の鉄道好きはいつまで続くのか。。。b0078006_1761354.jpg
by eharugenki | 2007-07-11 17:05 | 息子

初物!

今年お初の「すいか」を購入♪
息子が食べやすいようにとかなり細い三角形に切った。
いっただっきま~す!とかなりの勢いで食べだしたのだが、
ちゃ~んと甘い部分がわかっていて超ブルジョア食い!!
「ちょっと~!もったいないでしょ!下まで食べてよ!」
と怒ると「だっておいしくないんだもんっ」ときたもんだ。
ふんっ、贅沢者。ガキんちょのくせに。
と、そのあんまり甘くない残りの部分を私が食べるのだった。。。
b0078006_15363621.jpg
by eharugenki | 2007-06-20 15:40 | 息子

泣いたり笑ったり

登園4週目の朝、今日は家の玄関から悲痛な声で私に訴えた。
「ぼく~、、、保育園行きたくない。だって知らない子ばっかりなんだもん。。。。」
歩きたがらない息子を抱っこのまま保育園に連れて行ったが全然私から離れない。
先生に抱っこで預けるが耳が張り裂けんばかりの号泣。。。。。。。
早く保育園が息子にとって第2の我が家となり、安心できる場所になって欲しいと願いながら保育園を後にした。
お迎えの時間、そ~っとクラスを覗くとまぁ、適当に遊んでいる。
私が姿を表したら、数人の男の子が寄ってきて「はるくんのママだぁ~!はるくんあっちいっちゃったよ~。」と教えてくれた。なんとなく、新旧のこども達が馴染んできた印象を受けた。
寄ってきた男の子達はあのプラレールの生地の保育園バックに目が釘付けっ!
「これ持ってる~っ!」「これ成田エクスプレスだねぇ!」と保育園バックを離してくれない。
息子が戻ってきてなんとなくみんなでじゃれあっていて微笑ましい。
保育園を出て、義妹のところにお土産を渡しに行き、従兄弟を抱っこしてきた。
息子は義妹が大好きなので、少し気分転換になってくれたらいいなと思った。
b0078006_15411457.jpg







が、翌日の朝もちょっぴりテンションが低い息子。
お散歩好きな息子のために池の観察をしてから保育園に行くことにした。
少しの時間だけど、木を拾ったり池を眺めたりして過ごした。
そしたら、池に大量のおたまじゃくしを発見!!あれが全部かえるになったら!?と想像すると恐ろしくなる。6月は間違えなくかえるの合唱が団地一帯に響き渡るだろう。。。
b0078006_15455287.jpg







保育園に着くと、昨日とは違う明るい表情の息子。
部屋に入ると私に「はるくん、今日は泣かないよ!」と宣言した。
「でも、悲しくて泣きたかったらがまんしないで泣いていいんだからね。」と言ってお別れの握手&タッチ。息子は泣きはしないが先生に抱っこをしてもらいたそうだったので、抱っこをお願いし教室を後にした。
波はあるだろうけど、すこし前進かしら。。。と少しだけ安心して会社に向かった。
by eharugenki | 2007-04-25 15:54 | 息子

こどものきもち

今日の朝保育園でのお別れのときに、「今日がんばったらポテト買ってくれる?」と何回も聞いてきた(ポテトとはマックのポテトのこと)。
「今日はママが用事があってパパのお迎えだから無理だよ~。」と軽く流していた。
お別れのタッチをいつもの5倍ぐらい繰り返し、握手でバイバイバイを何回やっても離れない。もしかしたら泣いちゃうかもと思った矢先、その様子を見ていた先生が「抱っこしてバイバイしようか~!」と息子を抱っこしたのだが、その瞬間に号泣。
先生が「保育園でも、本当に色々がんばっていて、痛いほどこちらに伝わってきていたんです。。やっと泣けてよかったね。」と話してくれた。
「やっぱりそうだったのかぁ。。」とあの小さい身体で初日から昨日まで毎朝泣くのをがまんして笑顔でバイバイしていた息子を思い、私も涙が出てきてしまった。新しい保育園に初日から馴染めるような息子ではなかったのだが、昨日まで泣かなかったのでちょっと安心してしまっていたところが私の中に確かにあった。反省です。。。
何気なく言ってしまう「がんばって」という言葉。重い言葉だなぁ、、と改めて思う今日この頃です。
しばらくはた~くさん甘えさせてあげなくては^^
by eharugenki | 2007-04-12 10:18 | 息子

入園5日目!

この日は来客の予定があって保育園を12時過ぎに早退。
小学校の入学式の帰りの人たちが、公園で写真を撮っていたのでおもわずうちもパチリ。
いつのまにか保育園に馴染み元気一杯の息子だったのでした。。。

b0078006_1536283.jpg










平日の入学式なのに、けっこうお父さんの参加率が高いのかしら、、、
この日、さくら公園に流れてきた入学式帰りの人たちも、ほとんど両親で来ていました。
私のときは、子煩悩な父でしたが確か母だけだったような。。。
時代は変わったんですねぇ~。
by eharugenki | 2007-04-09 15:36 | 息子

新保育園入園!

月曜日の朝、走って登園する息子。
b0078006_15566100.jpg








登園初日。
甘えん坊で泣き虫な息子。慣れない保育園に朝のお別れは絶対泣いて大変だ!と思っていたのにあっさり笑顔でバイバイ。本当に~!?と部屋に入った息子を後ろからそーっと覗くと、飄々と一人で部屋の中を見回していた。おもわず心の中で「がんばれっ」とエールを送り、私は保育園を後にした。
そわそわしながら2時間ほど家で待ち、迎えに行くと笑顔でお昼を食べている。
先生に「はるひとくん、ちょっと緊張気味でしたけど大丈夫そうなので明日はお昼寝までお預かりします。」と言われ、少し安心した。お昼が終わり、家に帰るとさすがに息子も緊張して疲れたのか「眠い~っ」を連発して昼寝に入ってしまった、、、
登園2日目。
朝もご機嫌でお別れのタッチと握手でバイバイバイを済ませさっさと教室に姿を消す。。。
仕事を終え15時過ぎに迎えに行くと、昼寝から起きたての息子を発見。
なんだかぼんやり周りを見渡しながら首をボリボリかいていた。。なんだかおやじっぽくて笑ってしまう^^
先生が「はるひとくん、全然大丈夫ですね~!おいおい、君は副担任かい!?って突っ込みたくなるくらいおしゃべりが上手ですよ!お昼もおかずを残している子に注意したりして。しっかり者ですよ~!!」と今日の様子を報告してくれた。それを聞いた私は目が点!?。息子がおしゃべり上手??しっかりもの??うそでしょ~!!
さっそく夜、夫に報告したがそれを聞いた夫もびっくり。親の知らぬ間にそんなキャラに育っていたとは、、、
親としては、先生に疎まれないくらいのしっかり者であってくれたらいいなぁと思ってしまいます^^
3日目の昨日は食育の一環で、園の片隅にジャガイモの種を植えたとのこと。ポテト好きな息子は「フライドポテトにするんだぁ!」と大張り切りだったらしい。。。
登園3日目にして楽しそうな息子に入園前の私の悩みはなんだったのかしら、、、と思い返す今日この頃。でも、きっと息子にとっては緊張の一週間。今週末はゆっくり過ごしてもらいたい。

しばらくはかかるだろうけど、少しずつ先生にもお友達にも慣れて楽しい保育園生活を送ってくれたらいいなと思います。
by eharugenki | 2007-04-05 16:28 | 息子

あぁ、息子②

②があまりに遅くなって書くのもちょっと嫌なのですが、中途半端なので書こうかナァ。。
とりあえず続き....
そう、そして次の日。朝一で息子の体温を測ると37.6℃。。。
保育園で預かってくれるギリギリの体温は37.8℃。会社を休みたくない私は
一か八かで当たって砕けろ!とばかりに元気の無い息子を自転車に乗せ、
保育園に急いだ。
園長先生が「とりあえずお熱測ってみましょうねぇ。。」と言って息子の体温を測る。
「おかあさん、、、とりあえず様子を見ておきます。と言えるお熱ではないんです、、、」
と言われ「何度ですか?」「38.6度です。病院に行かれたほうが、、、」と言われた。。
保育園を出てから応援部隊を呼ぼうと実家の母に電話をかける。
用事があると見事玉砕っ。
しかたない、とりあえず小児科に行こうと病院に行く。
「インフルエンザB型に感染しています。タミフルを出しておきましょう。
すぐに飲んでくださいね。」
と言われ頭が真っ白!てっきり具合が悪いのは中耳炎とばかり思い込んでいた。
どうしよう、、、、、本当に誰も頼る人がいないのか、、と頭をめぐらせるが
本当に誰もいない。。。と思っていたとき携帯が鳴った。
「お母さんだけど、、用事○○さんに代わってもらったから行ってあげようか?」
との声がする。「きゃぁ~!!お願いします~。おかあさま~。」
息子はおばあちゃん、大好き星人なので来てくれる事を伝えたら
とっても喜んだ。
夕方に電車で来てくれることになったので、その旨を伝えるため
会社に電話すると上司が出て
「とりあえず、今日のしもの分は俺がやっておくから、、。」と言ってもらい
今日はお言葉に甘えて休むことにした。
家に帰って息子にタミフルを飲ませるとすぐに息子は元気になり、とても
インフルエンザにかかっているとは思えないほど身体を動かしている。
その間、私は家の掃除をし、息子が寝ている間はお茶を飲みながらビデオを観たり
と有意義にバラ色な平日の昼間の時間を過ごした。。
母が来てからは、さらにお茶を飲みながら世間話をし、「せ、専業主婦になりたいなぁ。」
と思った、、そんな日だった。
そして、次の日から、仕事仕事の日々が始まっていった。。。

教訓。。思い込みはいけないよ。 でした。
by eharugenki | 2007-02-09 11:09 | 息子

救急車出動!

先週の水曜日はあせったっ!
日曜日に息子の誕生会のため上京した両親。父は一泊で帰る予定だったが、
月曜の朝突然、「はるくんを浅草見物に連れて行く!」と言い出し、
二泊して火曜に帰ったのだが、母は歯医者に行く用事があったので水曜日に帰った。
荷物も重いので、会社が終わる時間に合わせ歯医者に予約を取り、
北千住まで送っていった。無事母を乗せた特急を見送り、帰途に着く。
西武線に乗り、東伏見駅にもうすぐ着くというところで保育園からの電話が鳴った。
「はるひとくんが具合が悪そうなので電話しました。今どちらですか?」
と先生。「もう駅で、すぐに迎えに行けます」と話し、電話を切る。
多少ドキドキしながら迎えに行くと、とっても具合の悪そうな息子がいた。
あまりの具合の悪さに不安だったのだろう。私の顔を見たとたん顔をくしゃくしゃに
して泣き出した。なんとなく吐きそうな感じだったのでしばらく息子を抱っこしながら
様子を見ていた。すると「オワェーッ」とものすごい量の嘔吐をしたので
私のスカートは嘔吐物まみれになってしまった、、、吐くという行為と悲惨な惨状に
また泣いてしまい、しばらくまたなだめていた。
自転車に乗せて帰るのもかわいそうなのでタクシーにしようかなぁ、、
なんて考えていたら、今度はお腹が痛いのか断続的に涙を流しながら痛がっている。
先生が、「もう19時を回っているので、夜間ですし救急車呼びましょうか?」
と言ってくれたが、私にしてみれば救急車はなんとなく構えてしまい
「大丈夫ですよ~。タクシーで帰って家で様子を見てみます。」と答えた。
でも、息子の具合の悪さを見かねた先生が「お母さん、やっぱり救急車を呼びましょう!!
腸重蹟だったら一刻を争うのでっ!」と説得され「わ、わかりました。お、お願いします。。」と
一任した。やっぱり救急車は到着が早い。あっと言う間に救急隊の人が来たのと同時に息子が下痢便を大量に排泄したのでちょっとスッキリした様子。
でも、まだ具合が悪いようで神妙な顔をしながら救急隊の方の質問に答えていた。。。
息子がおむつを取り替えている間、私もスカートがぐっしょりだったので先生のジャージに履き替えた。救急隊の方の言われるがままに息子を抱っこし、あれよあれよと言う間に救急車に乗せられる。熱を測ったり、脈を測ったり一通り調べていると、息子を見る限りなんとなく
落ち着いてきた様子。でも今更大丈夫です!とはとてもじゃないけど言えない。
そんな時、ふと救急隊の方が息子に「ぼくーっ、お腹は痛いかい?」と聞くと
息子は(私は内心痛いと言ってくれ~っと叫んでいる)「うん」と声には出さずに
答えていた(これまた内心ホッとしている)。
「では急いで病院へ行こうね」と言われいざ病院へ!
これがまた救急車は飛ぶように走るのである。抱いた息子は目を丸くしながら救急車の様子を
キョロキョロと目を動かし様子をうかがっていた。。。
救急車の中で、息子をかかえてじっとしていると夫から青ざめた電話が。
保育園の園長先生が連絡してくれたらしい。事情を話しとりあえず家で待機してもらうことする。
あっという間に病院(武蔵野赤十字病院)に着き、救急車での搬送なのですぐに
診てもらえる。結果は「お腹の風邪」。。。。。。。。。。。。。。。。。。
大事に至らなくて良かったが、救急隊のみなさま。お世話おかけいたしました。。。
そして、恐ろしい電話を実家に。
「明日、明後日はどうしても会社を休みたくないので、明日の朝一でこちらに来てください。。。
お願いします。。。」
夫に迎えに来てもらい爆睡中の息子をかかえて帰途へつく。。いやいや、お疲れ様でした。。。
by eharugenki | 2006-10-04 10:54 | 息子

ヒトマネコザル

実験をしてみた。息子にである。
こどもは親のやることをみてる。それはわかっている。
たぶん私や夫の行動をまねているのは多々見受けられるのだが
もっと実感としてわかりたっかので実験した。
朝、登園すると最後にお手拭タオルをかけにトイレによる。
そのときにスリッパを履くのだが、トイレを出るときにあからさまに
息子の前で「次の人が履くから揃えようね。」と大々的に揃えてトイレを出た。
それをやったのは先週の木曜日の朝。
今日の朝、同じように最後にトイレにお手拭をかけに行き、トイレから出て
スリッパを脱ぐとちゃんと脱いだ後揃えている。すごい!先週のことなのに覚えている。
もちろん褒めちぎった「えらいねぇ~、よく出来たね~」。
テキメンである。。。。。。。。。。。。自分の生活態度を見直さなければっっ
と焦ったのは言うまでもありません...
by eharugenki | 2006-07-10 16:11 | 息子


働く&子育てを楽しくする法


by eharugenki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介
日々の暮らし
家のごはん
息子
キャンプ!

遠足
旅行
おやつ
外のごはん
手作り
畑仕事
未分類

以前の記事

2010年 12月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

重曹をお風呂に入れたとき..
from 重曹をフル活用
エステティックサロン・セ..
from エステに行こう!埼玉県にある..
スリムビューティーハウス..
from エステに行こう!埼玉県にある..
美容・美容整形
from キレイになろう!
美容・美容整形
from キレイになろう!
シーボン・フェイシャリス..
from エステに行こう!埼玉県にある..
美容・美容整形
from キレイになろう!
出産内祝いギフト
from 温泉宿泊
【新潟】原酒造
from Japanavi
大根サラダレシピ
from 大根レシピ

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧